DREAMJOB Innovation Lab

若手士業イノベーション協会×DREAMJOB Innovation lab
「契約率が一気に上がる魔法の質問」

ビジネスをしていて、売上を上げるためには当然商談で契約に至らなければなりません。

順調に契約が増えている時は、良いですが、不調な時もあります。

契約が頂けない時って結構焦りますよね。

  • 「提案の内容が悪かったかな…」
  • 「値段下げたら取れたのかな…」
  • 「知識が足りなかったからかな…」

などいろいろなことが頭をめぐります。
 
 
そんな時に、
「考えるポイント」・「質問の視点」を変えるだけで、一気に突破口が開けることがよくあります。

今回は、その一つをお伝えできたらと思います。。

それは、
「どうやったら売れる?」ではなく「どうやったら欲しくなる?」という質問に変えるということです。

「もっと売上を上げたい。」
「もっと商品・サービスを販売したい」

ということを考えると、ついつい自分の主観・自分が主体で物事を考えがちになります。

「どうやったら売れるかな?」
「どうやったらもっと数が出るかな…」

とテクニックや、ノウハウ、時にはパワープレイでどうにかできないか?
ということを考えます。

それが悪いというわけではないですし、その発想でも出来ないわけではありません。
ただ、この発想で考えると、アイディがが先細りになったり、思うような成果が出ない時の打開策に悩んだりします。

そんな時に使えるのが「どうやったら欲しくなるのか?」という視点で考えるという方法です。
 
つまり、前者が主語が「私」だったのに対して、後者は主語が「お客さん」になったということです。

「どうやったらもっと気になってもらえるか?」
「どっやったらもっと価値を感じてもらえるか?」
「この人が欲しいと思うポイントは何だろう?」

と考えることで、
意外なアイディアや、突破口が見えたりします。

「たったこれだけ?」と思うかもしれないですが、簡単に出来て、効果が大きい方法なので、ぜひ試してみてください。



Fluff Up Support 代表/若手士業イノベーション協会 代表理事 岩脇政憲

【著者関連記事】
●「お客さんに選んでもらう」と言うことをやめる
●「『お客様最優先主義』を辞める」
●「ライバルと競争することをやめる」
●「長期で勝ち残るアイディアの考え方」
●「画期的なアイディアが出てくるヒント」
●「負荷価値をやめる」


★よく読まれている記事★