DREAMJOB Innovation Lab

これからを創造するお役立ち情報 イノベーションラボNews

発行 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
編集 DREAMJOB Innovation Lab

正しく運用しないとリスク大!雇用契約と業務委託契約のちがい

自社内で対応できないようなことを外部委託したり、人材不足に対応したりするために活用されることの多い業務委託契約。
個人事業主やフリーランスとの間でも度々交わされる業務委託ですが、委託する側とされる側の認識ちがいにより、トラブルになるケースが増えています。
雇用契約と業務委託の違いを正しく理解しないまま運用すると未払い賃金や業務中の負傷等による訴訟トラブルに発展することもあります。

雇用契約の基本

雇用契約(労働契約)とは、「使用者は賃金を支払う」「労働者は労務を提供する」ことを契約することをいいます。
事業主は労働者に対して、最低賃金以上の賃金の支払いや割増賃金の支払いなど、法律で定められた規制を遵守しなくてはなりません。
逆に労働者は、労働関係法令によって「守られている」と考えることができます。
業務災害や通勤災害に関して労災保険法の保護を受けることができるのも労働者の特権ということができるでしょう。

業務委託とは

一方で業務委託契約は、法律上明確な根拠があるわけではありません。
業務委託契約で働く人達は、雇用契約により働く労働者とは異なり、労働関係法令による保護は受けられません。
その保護を受けない代わりに報酬設定や働く時間などを自分で決めることができるのがメリットの一つであるといえます。

雇用契約と業務委託のちがいは?

事業主側から考えると雇用契約を締結し、賃金の補償や労働時間管理、社会保険の加入などをする代わりに就業時間を拘束し、業務命令により労働者を動かすことができます。
一方で業務委託契約は、賃金の補償や社会保険の加入などは必要なく、労働時間管理も不要ですが、その代わりに就業時間を拘束したり、業務命令を出したりすることはできません。
一定の業務について依頼し、その業務の完成(完了)に対して報酬を支払うのが業務委託契約なので、業務の進行方法や進行手順等の細部には指示ができないことになります。
士業事務所との顧問契約や手続き関係のアウトソーシング契約、個人事業主やフリーランスとの契約をイメージすると良いでしょう。

業務委託契約が否定された場合のリスク

本来、雇用契約と業務委託契約は以上のようなちがいがあり、どちらにメリット・デメリットがあり使い分けが必要になります。
しかし一部の事業主は、
「業務委託契約にすれば残業代を支払わなくてよい」
「業務委託契約にすれば社会保険料を支払わなくてよい」
という誤った認識のもとに契約書のタイトルだけを「業務委託契約書」として、事業主に有利な部分だけを切り取ってしまっているケースがあります。

契約書はタイトルよりも中身が大事

例え、契約書のタイトルが「業務委託契約書」となっていたとしても実際には「労働時間(就業時間)を拘束していた」「従業員と同じように働かせていた」という場合には、雇用契約と判断されることもあります。
このようなケースでトラブルになるのは「辞めるとき」と「怪我などで働けなくなったとき」です。
そのとき、働いていた側の人が「労働基準監督署や弁護士等に相談をするところからトラブルに発展します。
実態は、業務委託契約ではなく雇用契約だったと判断されれば、遡って賃金を支払い、社会保険に加入させ保険料を納付することになる可能性があります。

こんなときに業務委託契約がトラブルになる

雇用契約か業務委託契約かがトラブルになるのは次のようなケースが多いです。

○美容室・美容サロンのスタッフが退職時に未払い残業代を求めて訴えた
美容師として店舗と業務委託契約をしていたが実際は、就業時間に自由がなく、他のスタッフと同じくシフトが管理されていた。
その後、退職にあたり「実際は雇用契約だった」として未払い賃金等を請求する訴えを起こした。

○美容室・美容サロンのスタッフが怪我をした
手首を負傷し仕事に就けなくなったため労災保険を申請しようとしたところ、業務委託契約のだから労災保険は使えないと言われ「実際は雇用契約だった」として事業主を訴えた。

○接骨院等の治療院のスタッフが退職時に未払い賃金を求めて訴えた
施術者として店舗と業務委託契約をしていたが実際は、就業時間に自由がなく、他のスタッフと同じくシフトが管理されていた。
業務委託契約のため、患者がいない待ち時間中の賃金が支払われず最低賃金に満たない賃金しか支払われていなかった。
そのため「実際は雇用契約だ」として未払い賃金や最低賃金との差額を請求する訴えを起こした。

雇用契約と業務委託は正しく理解しましょう

「他のところもやっている」「うちの業界は仕方ない」という言い訳は通用しないということを認識し、専門家の指導のもとに正しく運用していくことが重要です。
業務委託契約が悪いとか、業務委託契約をしない方がいいということではなく、雇用契約との違いをしっかりと理解する必要があります。

社会保険労務士法人GOAL 代表社員 社会保険労務士 久保田 慎平

【著者関連記事】
●「労務管理の中で「勤怠管理」「労働時間管理」は必須項目!」
●「在宅勤務を導入するときの在宅勤務手当と通勤手当の考え方」
●「育児介護休業規程の見直しはお済みですか?」
●「定期的な見直しが大切!就業規則と雇用契約書」
●「給与計算業務への影響大?!2021年の祝日が移動に」

当該コラムは、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の協力のもとに、DREAMJOB Innovation Lab(運営:株式会社DREAMJOB)が運営管理しております。