DREAMJOB Innovation Lab

これからを創造するお役立ち情報 イノベーションラボNews

発行 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
編集 DREAMJOB Innovation Lab

給与計算業務への影響大?!2021年の祝日が移動に

オリンピックが2021年に延期されたことに伴い、祝日が移動になることをご存知ですか?
祝日の移動に伴い毎月の給与計算業務に影響を及ぼす可能性がありますので、念のためチェックしておきましょう。

令和3年(2021年)の祝日が移動します

オリンピック開催の開催に合わせて2020年も祝日の移動がありましたが、オリンピックの延期に伴い2021年も祝日が移動になることが決まっています。
具体的にどの祝日が何月何日に移動になるかは以下の通りです。
○2021年の「海の日」・・・7月19日から7月22日に変更
○2021年の「スポーツの日」・・・10月11日から7月23日に変更
○2021年の「山の日」・・・8月11日から8月8日に変更(8月9日が振替休日)

給与計算スケジュールに影響を及ぼす可能性も

毎月の給与計算業務は、給与支給日からの逆算でスケジュールを立てて概ね3営業日前を目途に確定・給与振込設定をすることが多いですが、勤怠の締切日から給与支給日までの間額が短いとスケジュールを確保できない可能性があります。

【2021年の給与計算スケジュール】
○7月25日支給の給与計算
2021年については、
7月22日【海の日】
7月23日【スポーツの日】
7月24日(土)
7月25日(日)
以上のようになるため、支給日が金融機関の休業日の場合に支給を前倒ししている会社では、7月21日が支払い日となります。
毎月20日締め/当月25日支給としているような会社では、給与計算に充てられる日が実質1日しか確保できないことになりますので注意が必要です。

○8月10日支給の給与計算
8月7日(土)
8月8日(日)【山の日】
8月9日【山の日の振替休日】
以上のようになるため、遅くとも8月6日には給与計算を確定させる必要があります。

給与計算スケジュールは変更できる?

2021年に限らずGWや年末年始等、給与の締切日から支給日までの間隔が短いと十分な時間が確保できません。
特に締切日から支給日までの間隔が10日以内の場合、給与計算スケジュールがタイトになりがちです。
経営者自ら給与計算を行っていない場合には気づきにくいのですが、給与計算に十分な時間を確保できないというのは、担当者にとって大きなストレス・プレッシャーになります。
これから起業したり従業員を雇用したりということを考えている場合には、最低でも締切日から支給日までの間隔を15日間は、空けると良いでしょう。
現状で締切日から支給日までの間隔が10日以内しかなく不便を感じている場合は、これから給与計算のスケジュールを変更することもできないことはありません。
その際には、従業員への影響の確認、影響の緩和措置、就業規則(賃金規程)の変更、給与計算システムの設定等が必要になります。
さらに、「締切日を変えるのか」「支給日を変えるのか」によっても対応が異なってくるので注意が必要です。

社会保険労務士法人GOAL 代表社員 社会保険労務士 久保田 慎平

【著者関連記事】
●「労務管理の中で「勤怠管理」「労働時間管理」は必須項目!」
●「在宅勤務を導入するときの在宅勤務手当と通勤手当の考え方」
●「正しく運用しないとリスク大!雇用契約と業務委託契約のちがい」
●「育児介護休業規程の見直しはお済みですか?」
●「定期的な見直しが大切!就業規則と雇用契約書」

当該コラムは、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の協力のもとに、DREAMJOB Innovation Lab(運営:株式会社DREAMJOB)が運営管理しております。