DREAMJOB Innovation Lab

若手士業イノベーション協会×DREAMJOB Innovation lab
「クロスセルちゃんとできてますか?」



コーヒーショップっていろんなキャンペーンをやっていますよね。

以前タリーズで
ハリーポッターキャンペーンをやっていて、
キャンペーン用のラテを販売していました。
 
その際に、
お店の入り口にハリーポッターの本やグッズが置いてありました。

これって何気ない光景ですが、
あなたのビジネスでも使える重要なポイントだったりします。

 
このように、販売する商品に関連する商品を販売する手法をマーケティング用語で「クロスセル」と言います。

何度も聞いたことある用語だと思いますが、
「意外と使いきれていない」盲点があったりします。
 
 
それは、まさに今回のようなパターンです。

関連商品を提案しようとする場合、
多くは「自社で提供できるもの」
で考えようとします。
 
 
例えば、
コーヒーショップであれば、
・コーヒー豆を売る
・コーヒーと一緒にケーキを販売する
・コーヒーと一緒に食事を提供する

などです。

逆に自社で完結できないものや、
一見、関連性がないものは

 
「販売してはいけない」
「ウチでは提供できない」
と決めつけてしまい、
売上のチャンスを減らしてしまうことがあります。
 
 
今回の話で言うと、
コーヒーショップで「本やぬいぐるみなどのグッズを販売する」
と言うようなケースです。

 
でも、「ハリーポッター」と言う企画に関連したものであれば、お店で販売していても、お客さんは何の疑問も持ちません。

むしろ、
 
「懐かしー!ちょっとコーヒー飲みながら飲もうかな」
「そういえば、ちゃんと本で読んだことないよな…」
 
 
とコーヒーとは関係ない売上を立てることができます。

自分のビジネスや商品の関連商品は思いつきやすいですが、
コンセプトやキャンペーンに関連した商品も、
十分クロスセルになりうると言うことです。

もし、何か企画やキャンペーンをされるのであれば、
一緒に販売できるものはないか?

ぜひ考えてみてはいかがでしょう?



Fluff Up Support 代表/若手士業イノベーション協会 代表理事 岩脇政憲





【著者関連記事】
●「この伝え方をしていたらご注意です!」
●「やったことないからできません」は嘘?
●「店員に〇〇されたらどう思います?」
●「「強みだけ」ではうまくいかないもう一つの要因とは?」
●「あなたは知らないうちに投資している?」
●「正しいこと」と「スピード」どっちが大事?


★よく読まれている記事★