DREAMJOB Innovation Lab

若手士業イノベーション協会×DREAMJOB Innovation lab
「団体信用生命保険の活用」

tag:

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは、住宅ローンの契約者が住宅ローンを全額返済できないうちに死亡や所定の状態になったときに、残りのローン返済を保険会社が契約者の代わりに金融機関に返済するという保険となっています。

住宅ローンは、返済期間が10年以上と長期間にわたり返済していくのが通常ですが、その間に住宅ローンの契約者に万が一のことがあった場合、残された家族に住宅ローンという大きな借金が残ってしまいます。もしも残された家族に住宅ローンを払い続ける経済的な余裕が無ければ、マイホームを売却して住宅ローンを返済していかなくてはなりません。そのような自体を避けるための保険として団体信用生命保険があります。

住宅ローンの借入の条件として団体信用生命保険に加入を求められることも多く、住宅ローンの借入と同時に加入しているのが一般的です。団体信用生命保険は、保険料として支払う場合もありますが、金利に上乗せされている場合もありますので、団体信用生命保険の加入の認識が薄いのが現状となっています。


団体信用生命保険の種類

団体信用生命保険は各社様々な保障内容の団体信用生命保険がありますが、代表的なものとして、通常の団体信用生命保険・三大疾病保障付団体信用生命保険・七大(八大)疾病保障付団体信用生命保険などがあります。
ここでは代表的な団体信用生命保険の仕組みを見ていきたいと思います。

・通常の団体信用生命保険
通常の団体生命保険は、ローン契約者が死亡または高度障害状態になったときに残りの住宅ローンが完済される仕組みとなっています。
高度障害状態は、各社少しずつ判断が異なりますので、そのような状態になった時は確認しましょう。

・三大疾病保障付団体信用生命保険
三大疾病保障付団体信用生命保険は、ローン契約者が死亡または高度障害状態になったときに加えて、三大疾病のがん・脳卒中・急性心筋梗塞で所定の状態となったときに残りの住宅ローンが完済される仕組みとなっています。
所定の状態ですが、各社違いが出てくるので、あらかじめ確認しておきましょう。

・七大(八大)疾病保障付団体信用生命保険
七大(八大)疾病保障付団体信用生命保険は、ローン契約者が死亡または高度障害状態になったときに加えて、三大疾病や糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性腎臓病・(慢性膵炎)で所定の状態となったときに残りの住宅ローンが完済される仕組みとなっています。
所定の状態ですが、各社違いが出てくるので、あらかじめ確認しておきましょう。

不動産投資と団体信用生命保険

団体信用生命保険について、ここまで住宅ローンを通して団体信用生命保険についてみてきましたが、不動産投資ローンに関しても団体信用生命保険について加入することができます。

不動産投資ローンに関して、団体信用生命保険を加入しておくと不動産投資ローンの返済中にローン契約者が死亡などとなったときに残りの不動産投資ローンは完済されるため、家族にローンのない不動産投資物件を残すことができます。

ローンのない不動産投資物件は、家賃収入を生活費に充てることもできますし、売却して現金を受け取ることもできます。

団体信用生命保険と相続税

マイホームと住宅ローンが財産としてある場合、マイホームは本来の財産として相続財産にプラスされ、住宅ローンはマイナスの財産となり、債務控除として相続財産から控除することができます。

団体信用生命保険に加入していると住宅ローンは完済される仕組みとなっていますので、マイホームは本来の財産として相続財産にプラスされ、債務控除はなしとなります。つまり、団体信用生命保険に加入しているとマイホームの土地建物の相続税評価額分が相続財産に加算されることとなります。

団体生命保険に加入している場合と加入していない場合で財産が大きく変わってくる場合がありますので、相続税について試算する場合に注意が必要です。

団体信用生命保険のまとめ

現状、住宅ローンをお持ちの方はこの機会にご自身の住宅ローンの団体信用生命保険について、一度確認をしてみてはいかがでしょうか。

また、これからご自宅を購入される方は、購入の際の住宅ローンについて、団体信用生命保険も含めて検討するのがよろしいかと思います。



税理士 中村 武志

【著者関連記事】
●「相続の生命保険活用について」
●「相続をスムーズに進めるための遺言書の活用」
●「他人ごとではない相続税申告」
●「配偶者居住権の活用について」


★よく読まれている記事★