DREAMJOB Innovation Lab

これからを創造するお役立ち情報 イノベーションラボNews

発行 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
編集 DREAMJOB Innovation Lab

ワクチンの接種を拒否した労働者を解雇・雇い止めはできる?

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進められていますが中には、「ワクチン接種はしたくない」という人もいるようです。

報道によれば全従業員へのワクチン接種を義務付ける企業もあるようです(逆にワクチン接種を禁止した企業もあるようですが・・・)。

事業主としては、新しい労務管理の課題として検討する必要がありそうです。

今回は、新型コロナウイルスワクチン接種を巡る労務管理について考えていきます。

ワクチン接種を採用条件にできる?

「ワクチンを接種済みの人だけを採用したい」「ワクチン接種を応募条件にしたい」という相談もありますがこれはどうでしょうか。

まず、「新型コロナウイルスワクチンの接種を受けていること」を採用条件とすることそのものを禁じる法令はありません。

しかし、採用選考が進んでいたり内定を出したりした後に「新型コロナウイルスワクチンを接種していない」として採用を拒否するのはトラブルのもとになります。

事業内容としてワクチン接種が求められる医療機関や介護・福祉サービス事業などの場合には、求人にその旨を記載して募集するなどの配慮が必要です。

*新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)10-13

ワクチンの接種を拒否した労働者を解雇・雇い止めは?

ワクチン接種はあくまでも個人の判断にゆだねられるものと考えられています。

新型コロナウイルスワクチンを接種拒否したことによる解雇や雇い止め、その他不利益な取り扱いは許されません。

*新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)10-11

ワクチンの接種を拒否した労働者を配置転換できる?

異動や配置転換については、人事権の一つとして事業主に認められているものではありますが無制限に認められるものではありません。

「ワクチン接種をしないから」といった新型コロナウイルスワクチンを接種しないことに対する制裁的な意味での異動や配置転換をしてしまうと労務トラブルの原因となり得ます。

ワクチンを接種しないことが労働者本人や顧客に危険を及ぼしたり、顧客からの強い要望があったりする場合には認められる可能性もありますがそのようなケースでも、あらかじめ「ワクチン接種を含め労働者の理解を得る」などの対応は必要です。

*新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)10-12

まとめ

今回は、新型コロナウイルスワクチン接種を巡る労務管理についてお伝えしました。

新型コロナウイルス感染症を巡る労働問題はより複雑化してきています。

労務管理や労務リスク対策についてのご相談、ご質問は、社会保険労務士法人GOALまでお問い合わせください。

社会保険労務士法人GOAL 代表社員 社会保険労務士 久保田 慎平

【著者関連記事】
●「労務管理の中で「勤怠管理」「労働時間管理」は必須項目!」
●「在宅勤務を導入するときの在宅勤務手当と通勤手当の考え方」
●「正しく運用しないとリスク大!雇用契約と業務委託契約のちがい」
●「育児介護休業規程の見直しはお済みですか?」
●「定期的な見直しが大切!就業規則と雇用契約書」

当該コラムは、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の協力のもとに、DREAMJOB Innovation Lab(運営:株式会社DREAMJOB)が運営管理しております。