DREAMJOB Innovation Lab

これからを創造するお役立ち情報 イノベーションラボNews

発行 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
編集 DREAMJOB Innovation Lab

若手士業イノベーション協会×DREAMJOB Innovation lab
「SDGsのビジネスの取り組みについて」

SDGsとこれからのビジネスを考える

SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットで採択された2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。
SDGsは、「17の大きな目標」と、それを達成するための「具体的な169のターゲット」と、「成果を測るための232のインジケータ(指標)」で構成されています。
これからの企業は、SDGsの取り組みが求められています。そんな中、SDGsの取組をコストと考えるかチャンスと考えるかによって、企業の成長が大きく変わってきます。

SDGsの17の目標

ここでは、SDGsの17の大きな目標を見ていきたいと思います。

1.貧困をなくそう
あらゆる場所あらゆる形態の貧困を終わらせる
2.飢餓をゼロに
飢餓を終わらせ、食糧安全保障及び栄養の改善を実現し、持続可能な農業を促進する
3.すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
4.質の高い教育をみんなに
すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する
5.ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児のエンパワーメントを行う
6.安全な水とトイレを世界中に
すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
8.働きがいも経済成長も
包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
10.人や国の不平等をなくそう
国内及び各国家間の不平等を是正する
11.住み続けられるまちづくりを
包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する
12.つくる責任つかう責任
持続可能な消費生産形態を確保する
13.気候変動に具体的な対策を
気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
14.海の豊かさを守ろう
持続可能な開発のために、海岸・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
15.陸の豊かさも守ろう
陸域生体系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
16.平和と公正をすべての人に
持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的な説明責任のある包摂的な制度を構築する
17.パートナーシップで目標を達成しよう
持続可能な開発のための実施手段を教師、グローバル・パートナーシップを活性化する

SDGsとビジネスについて

SDGsの取り組むことで企業には4つのメリットがあります。

・企業ブランドイメージの向上
・社会課題への対応
・生存戦略になる
・事業機会の創出

中小企業の場合、SDGsの取り組みを通じて、新たな事業機会の創出することで、新しいビジネスの柱の創設とSDGsの後押しにより、企業全体のビジネスを大きく展開する可能性があります。

まとめ

これからの企業はSDGsの取り組みが求められます。企業経営していく上で、SDGsを学んでいくことが大切となっていきます。企業としてどのようにSDGsに取り組んでいくか考えていきましょう。
また、これから新たにビジネスを始める方は、SDGsに関連するビジネスが大きく飛躍していくことも考えられます。これから起業を考えている方もSDGsを学んびながら、ご自身のビジネスプランを考えていきましょう。



税理士 中村 武志

●「新型コロナウイルスの影響による路線価等の補正および贈与税の申告・納付期限の延長」
●「新型コロナウイルス感染症による健康保険の減免」
●「新型コロナウイルス感染症の影響に伴う固定資産税等の減免」
●「新型コロナウイルス関連倒産」
●「「新型コロナウイルス感染症の影響による路線価等に係る地価変動補正率について」」